幼稚園教諭になったのに、子どもではなく、職員間の人間関係に悩んだ私。自分で何でも抱え込んでしまって、自分で自分の首を絞めたのかもしれない。

幼稚園教諭になったのに、子どもではなく、職員間の人間関係に悩んだ私。自分で何でも抱え込んでしまって、自分で自分の首を絞めたのかもしれない。

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
33歳

【当時の職業】
幼稚園教諭

【当時の住まい】
一軒家で、夫と、2歳の子供の3人暮らし。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
今は退職し主婦





【就職のきっかけと経緯】
小さい子供と関わるのが好きだったので、幼稚園の先生になるのが夢でした。
そのために、採用試験を何年も受けて、3年目に受かりました。

【環境と仕事内容】
転勤したばかりの幼稚園で、子どもや保護者、地域の人々と一から人間関係を築かなくてはいけない状況でした。
そんな右も左もわからない環境で主任になり、幼稚園全体、職員を動かしていくリーダーとなる立場でした。
また、幼稚園全体を見ながらも、自分の担任のクラスもあり、主任としての初めての仕事や経理なども担当することになり、とにかく、仕事量が多かった。

【大変だった時期】
10年働いて、主任になってからが一番つらかった。




【大変だったこと】
仕事の内容が多いということはもちろんのこと、人間関係がすごく苦痛でした。
初めて主任になったことがプレッシャーにもなり、自分自身の性格上、リーダーシップということが苦痛でした。
それでも、仕事だからと頑張ろうとしていたのですが、職員と上手くいかず、私の空回りになって、人に頼む前に自分で抱え込むような感じになっていました。
職員も、新任の園長だったの、おそらく余裕がなかったのか、職員のことや保育を丸投げにするわりに、責任感だけは強くて、あれこれ指摘してくるのでイライラしました。
また、パートさんとして来ていた職員が年上で私よりキャリアがあるのに、立場的に私が上という状況だったので、仕事を振り分けたくても遠慮があり、自分自身を発揮できなくなっていたように思います。

【大変だった期間】
仕事は11年続き、それなりに大変な時期はありましたが、最後の一年がものすごくつらかったです。




【当時の心境】
とにかく、することなすこと指導される感じだったので、うっとおしい気持ちもあったし、委縮してしまって自分のやりたいことがわからない、できないような感じでした。
職場に行くのが苦痛で、やめる事ばかり考えていました。

【職場が大変だった原因】
仕事の量が多く、保育と、経理と、研修と…とすることが多いことと、一つの幼稚園に職員が5,6人なので、その中で園長、主任の役割が決まるので、若くして役職に就くことになり、精神的負担が大きいと思いました。




【仕事で良かったこと】
子どもの成長を感じたこと、保護者の方と、子育ての悩みを分かち合えた時に、一緒に頑張っているという充実感を感じていました。
また、運動会や発表会など行事は大変でしたが、やり終えた後は感動することもあり、達成感がありました。




【特にひどかった最悪の出来事】
保育は正解がなく、幼稚園教諭の感性に左右されることが多いと思います。
私は園長と感覚があまり合わなかったようで、自分のクラスの保育室の環境を整えて、絵本コーナーや、ままごとコーナーなど、私なりに子供のことを考えて準備をしていたのに、やり直すように言われたことがあします。
また、子どもの絵を壁に飾っていたら、飾り方が悪いと指導されたこともあります。
親切心だったのかもしれませんが、指導後の絵の飾り方と私の元のやり方の違いがわからず、戸惑いました。
(他の職員も首をかしげていたので、私のセンスが悪いわけではないと思います。)とにかく、することなすこと、アドバイスが入り、やり直しをさされるのが嫌でした。
また、私の保育について園長がベテラン教諭が陰口のように話しているのを聞いたこともあります。
気に入った職員のすること、保育に関しては何も言わないのに、一度目を付けられると、何をしてもいちゃもんをつける風潮がいじめに似た感じで苦痛でしかなかったです。




【相談した人・助けてくれた人】
人間不信のようになり、家族に話したこともありますが、実際の保育を知らないので、ただ、話を聞いてくれるだけのピンとこないやり取りでした。
事情を知っている元職員に話を聞いてもらい、お互いに言い合うのが一番のストレス解消でした。
また、退職する数か月前には、心療内科に通い、薬を飲んでいました。

【改善のための行動】
最初は頑張りたいという思いがあったが、最後のは方は、改善したいという気持ちすらなくなっていました。
軽いうつ病のようになっていたと思います。
もっと、自分の弱さを出せていればよかったのかなという思うこともあります。




【現在の状況と心境の変化】
退職したので、それから、嫌な気持ちになることはないのですが、今でも、夢に出てくるくらい、苦痛な職場だったことは間違えないです。
その後、保育士のパートとして、保育所に仕事に行きました。
やりがいは幼稚園の時ほどありませんが、気持ちが楽で、すごく楽しく子供と向き合うことが出来ました。
私の性格によるのかもしれませんが、私は、責任のない立場で、気楽に子供と関わる方が好きでした。

【学んだこと】
周りの状況を把握しながら、自分で行動することなど、学ぶことは多かったです。
人間関係を上手く築いていくことの大切さを感じました。



【当時の自分へのアドバイス】
主任なんだからちゃんとやらなくてはいけないという、力の入った行動が裏目に出ていた気がします。
もっと、自分の弱さをさらけ出して、できないことやわからないことを伝えたり、周りに助けを求めたりしていれば、少し、違った状況になったのかもしれないという気がします。
肩肘張らずにもっと、フレンドリーな関係を築けていたら、もう少し、楽しく仕事ができたように思います。