【幼稚園教諭】上司次第で、環境って大きく変わる。大変な時代の方が毎日は充実していて、今はあまり気持ちがのらない。どんな環境でもやっぱり、子供は可愛い。

【幼稚園教諭】上司次第で、環境って大きく変わる。大変な時代の方が毎日は充実していて、今はあまり気持ちがのらない。どんな環境でもやっぱり、子供は可愛い。

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
20歳

【当時の職業】
幼稚園教諭

【当時の住まい】
実家で親と同居していた。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、同じ業種の別の職場で働いている





【就職のきっかけと経緯】
自分が小さい頃に通っていた母園だったので、そこの系列園に就職した。
小さい子供が好きだったので、この仕事についたが母園が好きという訳ではない。

【環境と仕事内容】
仕事内容としては、子供を見る仕事で担任業務もありましたし、サポート業務もしていました。
姉妹園を合わせると先生の数は60名程度の規模が大きい園である。
休日は完全土日休み。
給料は良い方でした。
ボーナスも多かったです。
私は、使っていませんでしたが、寮が完備されていて、実際に寮に住んでいる先輩や後輩は数名いた。

【大変だった時期】
一年目からとても大変だった。




【大変だったこと】
人間関係は、良かったのですが人事異動があり
上司がシャッフルされた。
変わってきた上司が
悪ノリをする上司で好き嫌いがはっきりとわかれていたこともあり
好きな人には甘々で、そうでない人には極端に厳しかった。
上司よりも先に帰ることは許されない世界で、
仕事がなくても毎日残業。
子供に対しても好き嫌いがあり、好きな子供にはべったり関わり
そうでない子供には話しかけないなど、保育者として疑うところが多々とあった。
こちらが、困ったことがあっても助けてくれず
違う上司に相談したら、いきなり優しくなったりと
人に左右されやすい人なのもあまり好きではなかった。
こういった上司は一人ではなく2、3人いたので本当にとても苦痛だった。

【大変だった期間】
今はやめたが、辞めるまでの6年間続いた。




【当時の心境】
正直、子供たちは可愛いが
子供達が帰ってからの苦痛が本当に辛かった。
後輩の前でいじられるのも好きではなかった。
だが、この上司に嫌われると後々ややこしいので我慢する必要性があるのも
重々理解していたので、自分を偽りながらはしんどかった。

【職場が大変だった原因】
特定の人物のせいだと思う。
確かに業務内容も辛かったが人間関係がつらくなると
その業務内容にも関わってくるので頑張らないといけなかった。




【仕事で良かったこと】
子供達が、少しずつ成長していく姿を見させていただけたのは、本当に嬉しかったし
なにより、自分の財産となり、今現在の仕事にも役立っている。
ここの職場は、上下関係が厳しかったこともあり、今のところでも
しっかりとできているのでそう言った部分では感謝している。




【特にひどかった最悪の出来事】
お泊まり保育の時に交代で徹夜しながら子供達の様子を見守る仕事があった。
もちろん、昼間は子供たちと思い出作りで体をはった仕事も多くある中で
夜寝れなかったのは辛かった。
また、少し寝て起きて寝てというつらい年もあったが
一番上の上司が、爆睡して当番の時間にこなかった。
もちろん子供達の様子を見守る必要性はあったので
私が、プラスして子供達の見守りを夜中した。
途中呼びにいくことも考えたが
上司を起こすのと、子供たちのところから離れるのはできなかったので
上司が起きてくるまでの30分延長で仕事していた。
同じようにつかれているのに
ごめんごめんと笑いながら謝ってきたことも許せない。
あれから何年も経っているがいまだに
腹が立つ。




【相談した人・助けてくれた人】
別の上司に話をすることができたので愚痴を聞いてもらっていた。
本当に辛いことがあり、涙してしまう場面もあったが、その人がいてくれただけで
頑張ることができた。
仕事以外にもプライベートな話を聞いてくれたり
色々な相談にものってもらえて嬉しかった。

【改善のための行動】
自分を偽り嫌だ。
うざい。
と思っても顔に出さないで
頑張って耐えるようにしていた。
もちろん、休みの日には
ストレスを発散させる必要性があったが、耐える忍耐力が鍛えられたと思う。
ポーカーフェイスも以前より上手になった気がする。




【現在の状況と心境の変化】
現在は、職場が変わり以前よりも仕事が楽になった。
初めは、楽すぎて働いている間がなく
仕事をしている気持ちにならなかった。
今の職場に慣れても仕事量が全く違うので
余裕ができた。
しかし、意味のわからないことを言われたり理不尽なことをいう人がいるので
そこは嫌なところであるが、この世界ならではなのかもしれないと思い諦めている。

【学んだこと】
最後までやり切る忍耐力。
保育の世界は忍耐力が大事だなと日々痛感することが多い。
他にもいろいろ学んだが、これが一番学んだことである。



【当時の自分へのアドバイス】
今の私のために耐えてほしい。
だけど、今の私に繋いでくれたら
あとはこっちに任せてほしい。
いろいろムカつくやつや理不尽なこともいっぱいあるけど
それを経験できてるのは少し羨ましい。
職場が変わったら、働いている感がなくなり
空っぽな自分が日々いる気がする。
昔の私の方が充実は確実にしてたって毎日思う。
プライベートもいろいろあるけど
挫けずに毎日を楽しんでほしい。