【幼稚園教諭】憧れの園に就職して毎日子供達と楽しく過ごせると思っていたが実際は業務や人間関係で悩まことが多く、子供達のことをしっかり見ることができなかった。

【幼稚園教諭】憧れの園に就職して毎日子供達と楽しく過ごせると思っていたが実際は業務や人間関係で悩まことが多く、子供達のことをしっかり見ることができなかった。

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
20歳

【当時の職業】
幼稚園教諭

【当時の住まい】
実家のマンションで親と同居

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、同じ業種の別の職場で働いている





【就職のきっかけと経緯】
大学の実習中に声をかけてもらいそのまま就職した。
実習中は先生たちも優しく職員は少なく感じたがやりがいを持ってしているように感じたのでやりがいがある仕事がしたいと思い就職した。

【環境と仕事内容】
年中組4歳児30人の担任。
最年少、年少、年中、年長の4クラス。
職員は最年少に2人でそれ以外は1人担任。
保護者は新しい先生が入ることが久しぶりだったようで温かい対応だった。
子供たちは新しい先生ということで甘えてくることが多かった。
月曜日から土曜日出勤で日曜休み。
土曜日は月に2回ほどで午前中のみ。
給与は手取り14万。
小さな園だったので寮はなし。

【大変だった時期】
入ってすぐの給料に愕然した。
他の園に就職した子に初任給を聞いたが、他より安く1人で生活するのは難しいと感じた。




【大変だったこと】
朝6時に出勤して終わりは20時が基本だった。
早番であっても先輩が帰らないと先に帰れる雰囲気ではなく、勤務時間も履歴などに残らず手書きなのでどうとでもなっていた。
事務の先生がいなかったので朝出勤してから電話対応に追われ、自分のクラスの準備や部屋の片付けが疎かになりお局の先生に注意を受けることが多かった。
幼稚園なので送り迎えのバスがあるためその時間だけが1人になれる唯一のホッとする時間だった。
送り迎えが終わり園に着くと17時半で、そこから部屋の掃除や園全体の掃除をすると1時間半以上かかった。
その後に毎日の連絡帳や日誌、クラスだよりを仕上げるため20時に帰るからにはヘトヘトだった。
それをわかっていても先輩達は手伝ってもくれず自分達が早番の時はすぐに帰っていた。

【大変だった期間】
三年。
ずっと続くことが想像できたので辞めた。




【当時の心境】
最初の頃は笑顔でいっぱい、子供と楽しく遊ぶぞ!と思い就職したが実際は業務に追われ、毎日をこなすことに必死だった。
子供達から手紙をもらっても返事を書く余裕すらなく申し訳ない気持ちでいっぱいだった。
30人を1人でみるプレッシャーもあり、実際ひとりひとりを見れてなかったと思う。
保護者と話すときにエピソードが思いつかないこともあった。
それでも子供からの「先生大好き」だけが励みだった。

【職場が大変だった原因】
職員の人数が少ないこと。
事務の先生がおらず全部の業務を保育士で回していたので新人が背負うことになっていた。




【仕事で良かったこと】
参観や、行事も多かった分、本番に子供達の成長した姿が見られると達成感が味わえた。
保護者からも「先生でよかった」「先生ありがとうございます」など個別的に褒められたり、信頼関係ができたことを実感したときにやりがいがあると感じた。




【特にひどかった最悪の出来事】
初めての行事で何を準備したらいいかも分からずに先輩に聞くと「何もできないね、いるだけ無駄」と言われて。
分からないので教えてもらおうと聞いただけなのに使えない扱いを受けて、それから分からないことを聞くことが怖くなった。
自分で考えろということなのかと思い今までの資料を集めて読んだらしたが実際を経験しないと分からないことも多く聞くしかなかったが聞くたびに「自分で考えることができないの?」と罵られた。
特に保護者の前で大声で怒鳴られた時は、周りの目も気になるし恥ずかしかった。
出来ない先生と思われると思いどうしていいか分からなくなった。
そういうことをわざとする人もいるんだと思った。
その先生は新しい先生にすることが多いようで、それがきっかけで辞める人も多いようだった。




【相談した人・助けてくれた人】
同期に同じ境遇の子がいたため相談や愚痴を言っていたが、お互いに自分のことでいっぱいいっぱいで助け合ったりは出来なかった。
結局自分の身は自分で守るしか無かった。
同居してる親にも相談したが入社してすぐなのに辞めるのは良くないと言われたのでそれ以上相談しなかった。

【改善のための行動】
早番の出勤が6時だったのでそれよりも早く行き自分のクラスの仕事を終わらせて電話番や業務的なことをする時間を確保するようにした。
そうすると余裕が生まれクラスの子供と関わる時間が増えた。
だが、毎日の睡眠時間が削られ体力がなくなり風邪をひいたり体調を崩しやすくなってしまった。
朝早く来ていることが先輩にバレて、「仕事ができないから早く来ているだけでしょ。
体調崩さないで。
迷惑」
と怒られた。




【現在の状況と心境の変化】
3年間幼稚園で働いて、人数の少ない園は仕事の量があまりにも多すぎて負担が多い。
行事が多い園は楽しそうに見えるが準備や決め事も多くなりその分仕事量も増える。
自分の働いている園では状況を変えることが難しいので、保育士の人数が多い園に転職することにした。
保育士の人数が多いと保育間の違いで揉めることもあるが、子供に対しては手厚くなる。

【学んだこと】
新入社員というのは分からなくて当たり前。
と思い何でも聞いていたが、まずは自分で考え、自分の意見を伝えた上で相手の話を聞く方がプラスアルファーで教えてもらえることが多い。



【当時の自分へのアドバイス】
先輩に対して質問する時は、「わかりません。」と言うのではなく、相手を立てたよう言い方「自分じゃわからないので、○○先輩はいつも素早く行ってて子供達も集中しているので、○○先輩に聞きたいのですが、教えてもらえませんか?」のように変えると相手も「教えよう!」と言う気持ちになると思う!いつも「わかりません」だけではなくいい回し方を変えると良いと思う!